派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 派遣ライフを楽しむコツ > 派遣での生活はどんな感じなの!?

派遣での生活はどんな感じなの!?

🕒 2018/09/25
このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣での生活はどんな感じなの!?

みなさんこんにちは!みなさんは派遣での生活はどんなイメージを持っていますか?

貧乏生活で友達と遊びに行けない、服を買ったりや美味しいものもあまり食べられないなどあまり良いイメージを持っていない人も多いと思います。

正しい知識をみなさんに知ってもらうために派遣での生活、満足しているのかを徹底解析して行きたいと思います。

派遣という働き方に満足しているの!?

派遣と聞くとプライベートと両立しやすい、自分の希望した就業時間に合わせて仕事ができるというイメージがありますよね。

基本的には希望の就業時間を加味して働けたり、残業が少ないポジションのお仕事が多いです。

では派遣で働いている人の働いている理由は何でしょうか?

一般社団法人日本人材派遣協会の行った社員ウェブアンケート調査を元に実際に説明していきます。

満足の理由① 働く時間や期間をある程度自分で選ぶことができるため

この理由の割合は42.5%と過半数近く占めていました。

正社員だと希望した時間や期間で働くことはほぼ不可能ですので、これは派遣ならではのメリットだと思います。

満足の理由② 残業のない職種や職場が選べる

この理由の割合は24.8%です。

やはり職場がどうしても雰囲気が悪くなったり、希望の職種につけなかったとしても正社員みたいにずっとその職場で働くわけではないので柔軟性のある働き方ができそうです。

実際に1週間あたりの平均残業時間は全回答者の52.7%が残業なしと答えていることからとても信憑性があると思います。

満足の理由③ やりたい仕事を多数のなかから選べる

この理由も24.1%と2位とほぼ僅差で、やはり自分の希望が通りやすいことが最大のメリットなのだと思います。

こういう自分の時間を確保しやすい働き方は、派遣スタッフとして働いている人にアンケートを取ると、仕事内容は48.1%が満足していて、6割の人が希望する働き方ができているという結果がでました。

さらに回答者の8割が正社員経験者であるので、自分の生活スタイルと両立できる派遣という働き方に満足していることが多いという結果が出ました。

派遣で生活していくことのデメリットは?

派遣として生活するデメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか。

同じ勤務先で生涯働くことができない

派遣として1つの勤務先で働くことができる最長期間は3年が限度です。

さらに3ヶ月ごとに更新があり、誰でも3年働けるとは限りません。

そのため正社員と違っていつでもクビにできるため即戦力を求められます。

それも3年ずつ職場が変わるため生活は安定しにくいです。

責任のある仕事は任されにくい

基本的に職場がころころ変わるため、会社はその人に信頼を預けづらいという点から責任のある仕事は任されにくいです。

そのため単調な仕事や誰でもできる仕事を任される傾向があります。

さらに仕事のやり方や方針に口出しすることは基本的にできません。

よってやりがいは生まれにくい環境で仕事をするため、モチベーションを保ちにくいという特徴があります。

給与が低い

派遣は基本的に時給です。

さらにボーナスが出ない会社が多いです。

しかし極稀に派遣先からボーナスを支払われるケースもあるようです。

これは勤務態度が真面目かつ会社にたくさん貢献した(優秀な実績を作った)などきちんと理由があります。

また現実的なボーダーで時給2000円は目指すことができるため一概に派遣だから著しく給料が低いわけでもないです。

有給休暇の申請条件が謎

派遣会社で「有給取得は事前申告に限る」という規制をしているところは少なくないです。

これによって急病や急な欠勤で有給が取れないように会社側で対策されているのです。

さらに有給をとろうとすると契約を切られる、すなわちクビになる恐怖と向かい合わなければなりません。

このように有給が取りにくいというデメリットもあります。

派遣で1人暮らしはできる?

正社員のように福利厚生や月給制の安定した収入がないので生活ができなくなってしまうのではという不安はでてきますよね。

1人暮らしにかかる生活費は約80000円であることから実例を参考に見ていきましょう。

一般事務職、時給1600円のAさん

Aさんが1日8時間月20日働いた場合、月給は約25万円です。

さらに税金や保険料を引かれて約20万円残ります。

Aさんが住んでいるエリアは大泉学園で都内のアクセスが良い割に家賃65000円とかなり安いです。

20万円から家賃分引くと13万5000円であることから生活費を引いても十分貯金もできるでしょう。

翻訳、時給2100円のBさん

BさんがAさんと同じ条件で働くと月給33万円で税金や保険料で引かれて23~26万円が手取り給料です。

Bさんは中野に家賃85000円の賃貸に住んでいるため給料から家賃分引くと14万5000円~17万5000円と生活費を引いてもかなり余裕をもって貯金できます。


このように派遣でも1人暮らしはできるという結論がでました!

最後に

以上から派遣でも生活はできるかという疑問は解消されたと思います。

働く上で自分が譲れない条件を決めておき、その条件に照らし合わせながらどういう働き方をすべきかじっくり考えることが結果後悔しない働き方につながるのではないのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

pagetop