派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 派遣の基本 > 派遣会社の種類はどんな種類があるの?

派遣会社の種類はどんな種類があるの?

🕒 2018/08/07
このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社の種類はどんな種類があるの?

日本には約17000もの派遣会社があるといわれています。そんな中で正しい派遣会社に登録するというのはなかなか難しいと思います。しかし、実は派遣会社にはそれぞれ特徴があり、それを理解すれば自分の働きたい求人というのが見つかりやすくなります。今回は派遣会社の様々な種類について紹介したいと思います。

派遣会社はそれぞれ特徴がある。

実は派遣会社にはそれぞれ特徴がありますが大きく分けて6つの種類に分類できるといわれています。それが

①大手派遣会社

②外資系派遣会社

③資本系派遣会社

④業界特化型派遣会社

⑤職種特化型派遣会社

⑥独立系派遣会社

というふうに分類することが出来ます。

大手派遣会社

みなさんがよくCMなどで見たりする会社の多くはこの種類に該当します。会社名で言うと、リクルートスタッフィングやテンプスタッフやスタッフサービスやパソナやマイナビスタッフがここに該当します。

大手派遣会社に登録するメリットとは

大手派遣会社には以下のようなメリットがあります。

求人数が非常に大きい

大手の企業には様々な種類の求人があります。しかも非常に好条件な求人もたくさんあります。大手派遣会社では何万という求人を持っており、それ以外にも非公開求人が多数ありますので、登録するとあなた向けの求人が沢山あるはずです。

福利厚生が充実している

大手派遣会社の多くは非常に充実した福利厚生があります。具体的には保険や有給や産休などの手当は当然ありますが、それ以外にもキャリアアップのための講座(ビジネスマナーやMicrosoft Officeなど)も充実しています。そのほかにも、海外旅行にも格安で行ける手当などがあるのも大手派遣会社にしかない特徴です。

女性に優しい

さきほども言った通り、大手派遣会社は多くのスキルアップできる講座を用意しております。よって、育休や産休明けでいきなり社会出ることが心配な人には非常にありがたいサービスだと思います。

大手派遣会社に登録するデメリットは

デメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

社内選考が厳しい

大手派遣会社なので、多くの方々が登録しています。人気な派遣先は非常に倍率が高く、なかなか派遣先が見つからないということもあります。

専門性の高い講座がない

基礎的な講座というのは多いのですが、専門的な知識(例えば、プログラミングなど)の講座があまりありません。ですので、専門職の派遣をしたい人にはあまり向いていません。

外資系派遣会社

大手の中でも外資系派遣会社というものがあります。これらは外資系企業の日本支店が持っている求人を紹介してもらえます。外資系派遣会社として有名なのはスイスに拠点を置く世界最大手の人材派遣会社のアデコなどが有名です。

外資系派遣会社に登録するメリット

外資系派遣会社に登録すると以下のようなメリットがあります。

外資系企業の派遣求人を紹介してもらえる

外資系ならでは特徴として外資系企業の求人は他社に比べて圧倒的にあります。外資系独自のネットワークから獲得した求人が多いので日系の人材派遣会社では絶対に入手できない求人が多数あります。特に語学力に自信がある人はここに登録すると非常に良い求人をもらえると思います。

高時給

やはり外資系企業の求人であるため非常に高時給な求人が多いです。しかし、それとは裏にやはり外資系企業は海外にある本部の人事の意向に沿わないといけないので、いきなり日本支社の縮小や撤退によって解雇される外資ならではのリスクというのも考えておく必要があります。

営業担当者の質が高い

外資系派遣会社は非常に営業担当者のクオリティーが非常に高いと定評です。しっかり皆さんの条件に沿った求人を提案してくれます。

外資系派遣会社に登録するデメリット

デメリットとして以下のようなものがあります。

事前スキルが必須

外資系企業の多くは派遣にある程度の事前経験を求めています。なぜかというと外資系企業は非常に教育コストをかけておらず、即戦力を求めているからです。ですので、初心者にはあまり向いていないです。

社内選考が長い

やはり、外資系企業は派遣社員であれ非常に能力の高い人を求めてきます。ですので、派遣会社も非常に慎重に検討した結果非常に社内選考が長引いてしまいます。いますぐ働きたいという人には向いていないかもしれません。

資本系派遣会社

大手日系企業のグループ会社として存在している人材派遣会社があります。

資本系派遣会社に登録するメリット

資本系派遣会社にはこのようなメリットがあるといえます。

大企業で働ける確率が高くなる

資本系派遣会社の多くは自分たちと同じグループの会社への派遣社員のみを担当します。ですので、大手のグループの資本系派遣会社に登録すれば、大企業やその同じグループの大企業で働くことが可能です。また、同じグループ内の派遣の選考で有利に進められる可能性があります。そして、あまり出回っていない求人などもあるのでオススメです。大企業で働きたいという人は是非登録してみると良いと思います。

資本系派遣会社で働くデメリット

デメリットについては以下のようなものがあります。

給料が他より安い

資本系派遣会社が出来た経緯としては優秀な人材を低価格でグループ会社に提供することが目的です。ですので、他の派遣会社で採用した人より給料がどうしても安くなります。

業界特化型派遣会社

ある特定業界に特化している会社もあります。ある特定の業界で仕事をしたいという人には向いています。

業界特化型派遣会社に登録するメリット

職種特化型派遣会社に登録するメリットとしてはある業界に精通している営業担当者がいることです。初心者の方が目指すに当たってのアドバイザリーなどにも定評がある派遣会社も存在します。ですので、ある特定の業界で働きたいという人には向いています。

職種特化型派遣会社に登録するデメリット

デメリットとしてはやはり特定の業界しか取り扱っていないので、それ以外の業界を探している人は向いていません。また、業界によって時給に差があるので、あまり賃金が良くない業界を選んでしまう可能性があります。

職種特化型派遣会社

ある一つの職種について特化している派遣会社もあります。エンジニアに特化している派遣会社もありますし、薬剤師に特化している派遣会社もあります。

職種特化型派遣会社に登録するメリット

職種特化型派遣会社に登録すると専門職の派遣求人が多数あるというメリットがあります。専門職に特化しているので、非常に多数の専門職求人が多いのが職種特化型派遣会社の特徴です。ですので、ある程度職種を絞っている方にとってはオススメです。

職種特化型派遣会社に登録するデメリット

デメリットとしてはやはり特定の職種しか取り扱っていないので、それ以外の職種を探している人は向いていません。また、非常に専門性の高い求人が多いので選考期間が長いこともあります。

独立系派遣会社

独立系派遣会社というのは上の5つの特徴に属さない中小企業の人材派遣会社です。日本にあるほとんどの派遣会社がこれに該当します。地元に特化しているなどの特徴がありますが大手に比べて求人数が少なかったり、営業担当者に大きな差があったり、ブラックな案件などがあったりするので、あまりすすめません。

初心者はまず大手派遣会社に登録

6つの種類を紹介しましたが、この中でどれを選べばいいのでしょうか。一番無難なのが大手派遣会社に登録することです。是非登録をしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

pagetop