派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > シニア > 派遣エンジニアの給料相場は一体どれくらい?

派遣エンジニアの給料相場は一体どれくらい?

🕒 2019/04/10
このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣エンジニア

この記事を開いたということは少しでも派遣のエンジニアとして働くことに興味がある、または派遣エンジニアとして働くにあたって時給が気になっているという方々が多いと思います。

一般的な派遣の業務と比べて、派遣のエンジニアは高給取りであるということを聞いたことがある方が多いだろうと思います。しかし、具体的にいくら貰っているのか?などは知らない人が多いと思います。

そこでこの記事では、派遣エンジニアの概要や給料の実態についてご紹介していきたいと思います。

これから派遣としてエンジニアを目指して行こうと考える方や、現在派遣としてエンジニアで働いている人に是非参考になれば幸いです。

そもそも派遣とは?

派遣はバイトや一般の社員とは異なり、給料や働き始めやすさ、保険などの福利厚生といった体系に特徴があります。

簡単に述べると、「給料が良い」、「仕事が見つかりやすい」、「契約更新をされないというリスクがある」ということです。

そのため、短期間に集中してがっつり働きたいという方には派遣が向いていると思います。

派遣エンジニアの給料

次に、気になる派遣エンジニアの時給の相場についてです。属性、すなわち住んでいる地域や年齢、勤務経験などによっても差はいくらかありますが、時給2,000円が相場となっています。案件の中には、時給2,000円を軽く超えるような案件も多くあり、導入でも述べたように他の派遣と比べて高い給料を望めると思います。

また派遣エンジニアといっても、ダイバーシティに富んでおり、より専門的な知識が求められるようなシステムエンジニアやプログラマー、いわゆるSEやPGといったものから、サーバー構築などでは時給3,000円以上の案件も少なくありません。一方で、ヘルプデスクといった専門性を求められない案件の場合、時給は1,500円前後ということも考えられます。

しかしながら、トータルしてヘルプデスクも含めて、一般的なオフィスワークと比べると高い給料をもらえるのは事実です。

派遣エンジニアの仕事

次に派遣エンジニアの仕事の特徴についてです。

派遣エンジニアの最大の特徴は2つあります。この2つの特徴が同世代の平均年収を超えられることが多い要因です。

時給単価が高い

先述した通り、派遣エンジニアといってもシステムエンジニアからプログラマー、データ構築、ヘルプデスクと多岐にわたります。これらの中でも専門性の高い分野は平均時給と比較して2倍以上の給料、時給になることが多くあります。

案件次第では、派遣の特徴でもありますが、時給換算をしたら正社員のエンジニアよりもはるかに高い時給をもらっているって場合も少なくありません。

一般的な事務派遣やオフィスワークの場合、時給がそこまで高くない上にボーナスの支給がないことから同世代の平均年収を超えにくいです。

しかし一方で、経験のあるエンジニアでしたらボーナスの支給がない場合でも、十分平均年収を超えられる給料をもらえます。

これが派遣エンジニアの最大の特徴の1つです。

労働時間が長い

特徴の1つでもある高時給に加えて、エンジニアの特徴としてあげられるのは労働時間が長いということです。システムエンジニアやプログラマーの場合は、繁忙期となると1か月残業時間が100時間前後になるというのも少なくありません。他の職種の中でも36協定の届け出が頻繁に必要になるかもしれません。

そして、そういった残業量の中で派遣エンジニアは具体的な残業代が全額支給となっているのでたくさん稼げるというのは大きな利点です。

しかし、サービス残業にならないように気を付けてくださいね(笑)

※36協定とは・・・労働基準法では労働時間・休日において、1日8時間と1週40時間及び週1回の休日を原則と定めていて、これに対し同法36条では労使と協定をし、行政官庁に届け出を出した場合、その協定の定めるところによって労働の延期ができるというもの。

高収入実現は可能?

次に高収入は実現可能かどうか話したいと思います。

結論からいうと、可能です。また、そのための方法はいくらでもあります。

高収入を実現するために正社員として転職することやフリーランスとして独立することは経験を積んできたエンジニアの選択肢のひとつだと思います。多くのプロジェクトを経験して、一つの案件でも高度なスキル会得できたのならば派遣先にアピールできます。そこで時給をあげてもらうというのもひとつの選択肢です。

そして、これらは経験を積み、スキルを身につけて初めて実現可能になります。したがって、実績を確実に積めるような派遣会社を選ぶようにしましょう。

リクルートスタフッィング、パーソナルテクノロジースタッフなどに登録しておけば無難だと思います。

最後に

以上、派遣エンジニアの仕事と給料の実態をいくらか話してきました。

この記事を読んでくれた方々なら既にお分かりだと思いますが、エンジニアの仕事は正社員が優位な職種というわけではありません。派遣エンジニアであっても、正社員の給料を上回ることは少なくないです。

この記事がきっかけに、派遣エンジニアとして活躍する人が増えてくれれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

pagetop