派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 職種別ノウハウ > ITエンジニア > 派遣のプログラマーっていくら稼げるのか?

派遣のプログラマーっていくら稼げるのか?

🕒 2018/07/31
このエントリーをはてなブックマークに追加
男性とパソコン

派遣プログラマーってぶっちゃけ稼げるのか?という疑問を調査してみました。派遣の仕組みから就業までの流れ、派遣プログラマーとして働くメリットを詳しく紹介します。さらには、未経験でも派遣プログラマーとして活躍できるのかという点もまとめてみたので、参考にしてみてください。

そもそも派遣とは?

派遣という仕組みをご存知でしょうか。派遣とは簡単に言うと、派遣会社と雇用契約を結んだ派遣社員が、派遣先企業で就業するという働き方です。つまり、働いている企業と、所属している企業が別ということになります。

派遣社員になるには、まず派遣会社に登録。そして、その派遣会社からお仕事を紹介してもらい、派遣先での就業がスタートするという流れです。

正社員以外の働き方として、派遣以外にはフリーランスという形でプロジェクトごとに業務委託契約をして働く方法があります。派遣との違いとしては、派遣は派遣会社と雇用関係を結んでいるのですが、業務委託契約は雇用関係を結びません。そのため福利厚生がない、確定申告の手続きを自分でしなければならないなどデメリットもあります。

派遣プログラマーの時給

派遣社員は正社員と違い、ほとんどが月給制ではなく時給制です。全体的に派遣プログラマーの時給を平均すると約1700円前後です。ただし、給料はプログラマーの能力や案件よっても大きく左右されるので、一概には言えません。時給が3500円以上という求人もあります。また、基本的にボーナスはないため、正社員と比べると年収は低くなる傾向があります。フルタイムで働いた場合、ざっくり見積もると約300万円から600万円といったところでしょうか。

派遣プログラマーのメリット

そんな派遣プログラマーですが、どんなメリットがあるのでしょうか。

3つ紹介していきます。

自分の希望に合わせた働き方ができる

派遣であれば時短勤務であるとか、数多くある求人の中からやりたい業務を選ぶことができます。なので、家庭を大事にしたいであったり、仕事以外にもやりたいことがあるという方にはぴったりです。

他の派遣の業種より単価が高い

プログラマーはニーズが高く素人には手が出せない分野です。そのため市場価値が高く、他の派遣の業種と比べても単価が高いです。なので、正社員でなくても十分生活できる給料を得ることができます。

自分の能力を発揮できる

正社員であると部下の指導やスケジュール管理などといった業務や、その他正社員であるがゆえに必要となる業務が増え、プログラマーという本来の仕事以外に多くの時間を割かなければならないといったことが起こります。ですが派遣社員であればそういったことはなく、常に自分のスキルを磨くことに集中ができるといえるでしょう。また、フリーランスとは違い、自分で仕事を取ってくる必要がなく、常に仕事がある点もメリットと言えます。

派遣プログラマーになるには

派遣プログラマーになるには、まず派遣会社に登録することです。ですが日本にはたくさんの派遣会社があります。会社によってはプログラマーの求人がなかったり、評価が低い派遣会社もあります。そのためITに特化した会社や、福利厚生がしっかりしていたり、求人数が豊富であったりする大手派遣会社に登録するのがよいでしょう。

登録後は、基本的に派遣会社のコディネーターが求職者の希望や経験に合わせた仕事を紹介してくれます。

高単価の案件を紹介してもらうには、やはり経験がものを言います。これまで携わってきた案件の内容や、扱える言語などといったことがポイントになります。それらを細かく職務履歴書にまとめておきましょう。これまでの経験をコーディネーターにアピールできるように準備しておくことが重要です。またそれだけではなく、希望条件もまとめておきましょう。コーディネーターは派遣先の紹介窓口となる人物です。自分のスキルや経験と合わせて希望条件もしっかりと伝えておきましょう。派遣先紹介から就業までの基本的な流れは、面談、顔合わせ、契約成立です。

未経験でも派遣プログラマーになれる?

プログラマーの求人には経験を求めているものが多く、未経験でも可能な求人数は少なくなっています。ですが、一部の求人では未経験でも就業可能な求人もありますので、必ず経験がないと就業できないわけではありません。ただし、そういった求人であれば自ずと簡単な業務であることが多く、時給も低いです。そのため、思い切ってプログラミングスクールに通い、能力を身に着けてから派遣プログラマーになるという手や、プログラミングスクールに通いながら派遣先の企業でも簡単なプログラミングを学ぶという手もあります。

まとめ

派遣として働くことは、あまりいいイメージを持っていない方も多いかもしれません。ですが、自分に合った派遣会社を選び、良い派遣会社に巡り会えたら、今よりも充実した仕事や生活を送れる可能性は大いにあります。派遣プログラマーの時給は他の業種と比べても高く、十分生活することができますし、需要も高いです。派遣プログラマーになろうかなと考えているのであれば、ぜひこの記事を参考にしていただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

pagetop