派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 派遣の辞め方・契約更新 > 派遣の契約更新はいつまで?しっかり理解しておきましょう!

派遣の契約更新はいつまで?しっかり理解しておきましょう!

🕒 2018/07/23
このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣の契約更新はいつまで?しっかり理解しておきましょう!

派遣で働いているみなさんがやはり気になるものの一つに契約期間があると思います。この仕事も気に入ったし、このまま契約を更新したいという方はこれから紹介する契約更新に関する知識と更新ができる人の特徴をよく読むようにしてください!

契約更新とは

そもそも契約更新とは、派遣特有の行為です。派遣会社とあなたは契約を交わしています。その中には派遣先の会社と契約期間と契約終了日(これを抵触日といいます)が書かれています。しかし、もしあなたにまだ働きたいという意思または、企業から優秀な人材であると思われたら、引き続き働くことができます。その場合は抵触日を変更する契約更新という行為を行う必要があります。これにはいくつかルールが存在するので今回はそれを紹介していきたいと思います。

契約更新の手順

契約更新の連絡方法は派遣会社によって全く異なります。場所によっては、抵触日の1ヶ月から2ヶ月前に派遣会社から契約更新に関する意思の確認があることもありますし、「契約更新は自動的に更新して、やめるときだけ1ヶ月以上前にお伝え下さい。」というスタンスに立っている会社もあります。ここのルールに関しては十人十色なので、もし心配であれば派遣会社に連絡して質問してみましょう。

契約更新の注意点

契約更新を行う際に注意しないといけない点がいくつかあるので紹介します。

伝えるのは必ず派遣会社!

今の仕事をやめたいと思っている場合は派遣先の人ではなく、派遣会社に必ず相談しましょう。あなたは企業先と契約をしていません。あなたは派遣会社と契約を交わしているので、すべての相談(契約以外にもパワハラやセクハラなどもそうです)は派遣会社にしてください!

契約更新の意思は30日前まで!

あなたは必ず抵触日30日前までに更新の有無を伝える必要があります。または、自動更新している場合では更新をやめたいという場合では辞職することを派遣会社に30日前に伝えましょう。なぜかといいますと、派遣社員も普通の正社員と同様に30日以内の解雇ができないからです。これは法律で定められていて、30日以内に解雇してしまうと会社はあなたを不当解雇したとみなし、あなたの派遣先企業に多大な迷惑をかけてしまいます。ですので、あなたがもし契約を更新するのではなく契約を取り消したい場合には必ず1ヶ月前には派遣会社に辞職する旨を教えておくようにしてください。

根拠は残しておこう

派遣で働いている時に契約内容があやふやになってしまう可能性があります。もし、あなたがなにか不当なことをされた場合、その契約の根拠をしっかり提示することで自分の身を守ることができます。ですので、しっかり自分が交わした契約書などをしっかり保存するようにしましょう。

更新の際に時給上げを交渉してみよう!

更新の際は様々なところを言える場です。ですので、ここでぜひ時給の引き上げを交渉してみましょう。もし、あなたが派遣先で信用されているなら、結構な確率であげてくれるらしいです。

契約更新ができる人の特徴

実際に契約更新は全ての人はできません。ここで、契約更新がうまくいく人の特徴について話したいと思います。うまくいく人はこのような特徴があります。

企業に信頼される人

当然でありますが、会社から信用されている人でないと基本的に契約更新はされません。企業もあなたを雇う事によってコストを払っています。もし信頼出来ないのであれば、どんなに優れたスキルがあったとしても企業としては更新を望みません。ですので、まずは基本的なこと(遅刻や無断欠勤をしない、報連相をするなど)を怠らずにやるようにしましょう。これらを意識して企業に好印象を与えるようにしましょう!

真面目な人

真面目な人はしっかりと仕事もしてくれますし、慣れてくればさまざまなことをやってくれます。真面目に仕事をやっている人はやはり評価が高いので、しっかりと真面目に仕事はしましょう。

人間関係が良好なひと

人間関係というのも非常に重要なファクターです。仕事というのはひとりでやれることはありません。良好な人間関係によってしっかりとしたコミュニケーションが取れる環境でのみ最も効率的な生産ができます。そのような環境を作る意思がない人はいくら個の能力が高くても、評価される人にはなりません。ですので、会社内の人間関係はしっかり良好にするといいでしょう。

効率よく仕事ができる人

やはり企業は仕事を早く吸収できる人がほしいです。このような人がいればわざわざ正社員が教える必要がありませんし、またその人を中心に派遣に教えることができるので非常に効率よく仕事ができるようになります。効率よくできるようになれば、もしかしたら、その企業に気に入られて派遣から正社員になることもできるかもしれません。

能動的ではなく、積極的に仕事ができる

やはり、派遣といえば仕事を言われたとおりにやる人が評価されると思われがちですが、実は派遣でも積極的に提案できる人もちゃんとしたことを言えば評価されます。ですので、なにかをこのように改善したほうがいいというような意見があれば、積極的に意見を言いましょう!

まとめ

今回は契約更新に関する基本知識と契約更新してもらえる人の特徴について話しました。やはり、派遣というのは派遣先で更新してもらえると非常にうれしいと思うので、ぜひ自分の働く企業で契約更新をしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

pagetop