派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 派遣ライフを楽しむコツ > 派遣の掛け持ちって可能?そのメリット・デメリット

派遣の掛け持ちって可能?そのメリット・デメリット

🕒 2019/05/09
このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣の掛け持ちって可能?そのメリット・デメリット

今の仕事に満足がいかないから、仕事を掛け持ちしてみようというそこのあなた!まずはそのメリットとデメリットにどういうものがあるかをチェックして、参考にしてみては?

そもそも派遣仕事って何だっけ?

アルバイト(パートタイム)とは何が違うのだろう?

派遣仕事は、派遣会社と雇用の契約を結ぶことで、就業先の企業に派遣されて派遣先から仕事内容の指示を受けるといったものです。アルバイト(パートタイム)は、勤務先の募集に直接応募して面接などの過程を経て、直接的に雇用の契約を結ぶといったものです。アルバイト(パートタイム)の雇用主はご自分が働く企業となりますが、派遣仕事の雇用主はご自分が働く企業ではなく、派遣会社となります。なお、お給料も同様に派遣会社から支払われます。トラブルが起きた際は、派遣会社の営業関係の担当者と派遣先の企業の担当者の間で調整が行われることになります。ゆえに、お給料やお仕事内容等の面で何かしらの行き違いや問題が生じてしまった場合の相談先は、派遣先ではなくご自分が所属する派遣会社となるわけなのです。事前に聞いていた内容と実際にやっていることが違うというようなことも現実に起きています。そのような場合でも派遣仕事であればお気軽に相談を受け付けてくれます。連絡することで、派遣先の企業の確認や契約内容の確認が取れるわけです。アルバイトと違って、何か問題が起きたとしても自分ですべて解決する必要はないため、これは大変ありがたいことですよね!

派遣仕事を掛け持ちするメリットって?

①福利厚生の制度の充実

大手の会社であれば、中には福利厚生の充実しているものももちろんあります!宿泊関連のものや、フィットネスクラブ等をお得に使うことができるもの、など様々なものがあります。働く前あるいは働く後、自分だけの有意義な時間を作ることができることも、メリットの1つですね。派遣を掛け持ちすることで人生が豊かになることはまちがいないでしょう。

②給料の充実

一般的には時給が高いものが多いです。それだけの支払いがあるということは、それだけの期待がある、あるいは即戦力になるということを示すものだと考えます。同じ仕事内容であってもアルバイトとは給料においてかなり差がつきます。それだけ、スタッフは信頼されているのだと考えても良いでしょう。仕事を掛け持ちすることによって当然ながら給料は1つだけの時よりも増えます。さらに時給が高いことを考えるとかなりの額となることでしょう。

③資格で得たスキルが活きやすい

たとえば事務関係の仕事において、活きやすい有名な資格であれば、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)や日商簿記検定などが挙がります。MOSは、マイクロソフト社公認の資格で、Word・Excel・PowerPointといった大学生のうちによく使うものの機能についての理解度を証明するものです。この資格の勉強を通じて操作方法を修得できるため、仕事以外の面でも役立つこと間違いなしです!資格に関しては、講座や教材を用いるものもあるため、自分の生活スタイルに適した方法で学習ができます。

日商簿記検定は、その名の通り簿記に関する理解を問う検定です。財務系・経理系の仕事で役立ちます。この資格のレベルは1~4級の4段階に分かれており、4級が最も易しいものとなっています。最も難しい1級に合格すると、税理士試験の受験の資格が与えられ、公認試験である公認会計士等の試験の登竜門として扱われることになります。なお、仕事において有利とされているのは2級以上からです。経理関係の職だけではなく、基本的な分析の能力や経営の管理能力も修得できるため、様々な面で大変重宝される資格となっています。

資格を取得してみたはいいけれども、それを1つも活かしきれていないという方には、仕事を掛け持ちすることでその悩みを解決することができるとともに、多方面で活躍することが出来るでしょう。

④複数掛け持ちしても自分のスタイルに合わせて働くことができる

アルバイトと同様、基本的に必ずしも毎日働く必要はありません。めいっぱい働きたいという方は午前中に1つ目の仕事、2つ目にもう一つの仕事というスケジュールにすることも可能です。また、1つ目の仕事と2つ目の仕事を交互にやるというやり方も良いでしょう。毎日1種類の仕事だけを進めても飽きてしまう方もいるでしょうから、その際は1つだけに仕事を限定せず、複数の仕事をかけ持つことをおすすめします。

派遣仕事を掛け持つデメリットって?

①掛け持ちすることに対して体力がもつのか…

若者や男性の方であれば、多少忙しくても「根性や気合いで乗り切って見せる」という方もいると思います。ですが、体の弱い方やか弱い女性からすれば、掛け持ちは難しいかもしれません。そういう方には必ずしも掛け持ちする必要はないと思います。日常生活がむしばまれるほど忙しくて体力が根こそぎ奪われてしまうようであれば、掛け持ちは再検討すべきです。

②交通費でかなりお金が持っていかれる

派遣労働者の多くは交通費が自己負担となっています。しかも、交通費を経費として申請するには確定申告で手続きを踏む必要があります。手続き自体はさほど難しくはないのですが、その行為の面倒さによって損をしているケースが多いです。もし仕事を掛け持ちして、その職場までかなり距離があるとすれば、その損はかなり重い負担となってしまいますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

40代が派遣として働くきびしさを知る

40代から派遣として働くということはなかなかきびしいものであり、その現実を受けいれた上で、そのこ…

第二新卒が派遣で働くメリットとは?
入社した企業が合わなくて短い期間で辞めてしまう第二新卒の方は少なくありません。新しい仕事として、派…
京都府で派遣をはじめてみたい方へ!おすすめの派遣会社をご紹介
観光地として名高い古き良き都市・京都におけるおすすめの派遣会社を一挙紹介。京都で派遣をはじめたい方…
群馬県で派遣をはじめてみたい方へ!おすすめの派遣会社をご紹介
群馬県で派遣をしたい方のために、おすすめの派遣会社を4つ、その特徴などを紹介していきます。どんな人…
pagetop