派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 派遣コラム > 【派遣社員の昇給】派遣社員の時給を上げるためには?

【派遣社員の昇給】派遣社員の時給を上げるためには?

🕒 2019/05/09
このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣社員の時給の上げ方とは?

派遣社員の悩みの一つとしては、「時給がなかなか上がらない…」ということがあげられるでしょう。

ここでは、低い時給をどうやったら上げることができるのか、時給はどれくらい上げることができるのかなど紹介していきます。

派遣社員の悩みは?

派遣の悩み① 時給が低い

派遣社員の平均時給は職種によって変わりますが関東エリアではエンジニアなどの専門職では2,000円前後、それ以外のオフィスワーク系や販売系などは1,500円前後と言われています。

時給の低さに不満に感じている人は少なからずいるでしょう。

同じ職であっても派遣会社によって時給が違う場合があります。

派遣の悩み② 時給が上がらない

時給が低いのになかなか時給があがらないことに不満に思っている人も多いでしょう。

その一方で、実は時給をあげることができた人も大勢います。その人たちはどのようにして時給を上げることができたのでしょうか。

時給を上げるにはどうすればいい?

時給を上げる方法① 自分から交渉する

時給が上がらないことに不満を持っている場合、基本的に時給を上げるためには自分から交渉しなければなりません。

仕事歴が長いからという理由だけでは時給を上げてもらいにくいでしょう。時給を上げるのにはそれにふさわしい理由が必要となります。

これまでの頑張りを評価してもらいたい、たとえば新人の研修も任されたなどといった当初の契約内容より仕事が増えたことなど、明確な理由を考えておきましょう。

交渉しなかった場合時給が上がったという人はたった1割ほどしかいません。それに対して、自分から交渉した場合、時給が上がったという人が4割近くまで増加したと言われています。

一番多い理由は普段の仕事への取り組みを評価してほしいというものになっています。

やはり契約以上の働きをしていると有利になるでしょう。会社の戦力になっているというのを評価する会社が多いです。

また、交渉して断られてしまうと会社との間にトラブルが発生してしまう場合がありますので、派遣先の会社と所属している派遣会社と双方と良好な関係を築けていえる必要があります。

長らく交渉しているが上手くいっていない場合や交渉できる雰囲気にないなどといった場合、今の会社よりも時給が高い別の派遣会社に移ったほうが簡単に時給をあげることができて、交渉する必要もないので、時給を上げる一つの方法と言えるでしょう。

時給を上げる方法② 交渉のタイミングに注意

時給を上げる交渉はタイミングが命です。

契約更新の直前だったり、契約更新までまだまだ時間がある時期に交渉してしまうと忙しいとスルーされたり、考えておくなどと言われて結局時給が上がらないという可能性があるので、時給を上げる交渉をするのは契約更新の一か月前くらいがちょうどよいです。

ここで注意するのは、実際に働いている派遣先の上司ではなく、自分の所属している派遣会社の営業担当かコーディネーターに交渉することです

派遣先の上司と直接に時給を上げるように交渉すると、悪い印象を持たされてしまったりするリスクもあるので、なるべく避けておいたほうが良いでしょう。

時給を上げる方法③ 契約更新時を狙え

やはり契約更新時に時給を上げている人が多いので、半年や1年経ってから初めて時給を上げることができたというひとが多いようです。

3か月ごとに契約更新をするところも多いようなので、3か月で時給を上げることができたというひとも多いようです。

また、最短で1か月で時給を上げることができたという人もいます。結局は時給を上げる交渉にはどれだけ頑張っているのかが大きく影響してしまうので給料を上げてもらえる自信がある人はすぐに交渉してみましょう!

実際に時給を上げることできるか?

上がる人もいる

基本的には時給は10円単位で上げることができます。

ふさわしい理由がない場合、印象がわるくなってしまうので大幅な金額アップは狙わないほうが良いでしょう。

時給が上がったという人の中では最大で201円アップという人もいますが、その数は1割以下と、ごく少数です。

もっとも多い金額は10円~50円で5割以上の人がこの金額となっています。次に多いのが50円~100円で約2割の人がこの金額となっています。8割程度は100円以下となっていますので、このことを考慮した上で交渉すると良いでしょう。

もしだめなら別の派遣会社に変えよう

働きぶりを評価して会社から時給アップの提案がある場合もあるようですが、その一方で常に給料を下げる方向で考えているといった厳しい会社もあるようなので、自分の所属している会社は交渉に応じてくれるのかを見極める必要があるでしょう。

時給アップの交渉をしたらそののちに解雇されてしまった人もいるようなので、自分の所属する派遣会社では交渉に応じてくれそうにないと判断したら、別の派遣会社を探し始めた方が無難と言えるでしょう。

長い目で見れば、今と同じくらいの時給の別の派遣会社に移った場合でも時給が高くなる可能性もあります。

まとめ

時給を上げるためには自分から派遣会社に交渉しなければならなりません。

対応してくれなかったりしたら、別の派遣会社に変えてしますのも一つの手と言えるでしょう。

いずれにせよ、自分からアクションを起こさなければ現状を変えることはできません。たくさんアクションを起こして希望の条件をつかみ取りましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

未経験でもOK!派遣エンジニアになれる!
最近人気の高まっている職種のエンジニアですが、簡単に就業できる方法として、派遣エンジニアを紹介した…
派遣から正社員ってなれる?その方法とは?
派遣のアルバイトはしているけど正社員にはなることはできるの?正社員の給料はどれくらい?なるのは難し…
派遣社員の契約満了って会社都合?自己都合?失業保険に関わるあの問題!
派遣社員が契約満了で辞めるときって会社都合?自己都合?そんな失業保険にまつわる大事な問題を細かく紹…
学生におすすめ!派遣会社ランキング
時間を自由に使えることが多い学生のみなさん。空いている時間を派遣バイトで有効活用してはいかがでしょ…
pagetop