派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 派遣ライフを楽しむコツ > 派遣の仕事が辛くてしんどい…その対策とは?

派遣の仕事が辛くてしんどい…その対策とは?

🕒 2018/06/27
このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣の仕事が辛くてしんどい時の対策とは?

派遣の仕事はよく「力仕事で大変」、「あまり給料が良くなさそう」、というイメージが多いです。

確かに、そのイメージは間違ってはなく、引っ越し作業員や工場作業員など、結構辛い仕事がたくさんあります。

そのため、派遣の仕事が辛いと思う人が数多くいると思います。

私も実際に派遣の仕事をしていたことがあるので、今回は私の実体験も混ぜて記事を書いていきたいと思います。それでは、まず初めに派遣とは何かを確認しましょう。

派遣とは?

「派遣」という言葉は誰しも聞いたことがあると思います。

しかし、聞いたことがあるというだけで、実際にどんな仕事をしているのか明確にわかっていない人もいると思いますので、簡単に説明していきます。

派遣という働き方は、派遣社員、派遣会社、派遣先企業の3つから成り立っています。

特徴としては派遣された企業から給料をもらうのではなく、登録している派遣会社から給料を支給されることがあげられます。

また、毎回派遣される企業が異なるかもしれないので、通勤の場所がその都度変わることもあります。

給与制度は時給制と日給制の2つに分かれていますが、その給与制度は派遣会社によって異なります。

時給制のメリットは自分の働きたい時間久好きに決められる点と安定した給料がもらえることです。

日給制のメリットは2.3時間で作業が終わった場合時給制の人よりも短い時間でもらえることがあげられますが、逆を言うと日給8000円で9時間労働だった場合、時給制よりも多く働いて少しの給料しかもらうことが出来ません。

そのため自分にあった給与制度を選んでから派遣の仕事を始めることをおすすめします。

日給制の主な仕事内容は引っ越し・移転作業、イベントスタッフなどが挙げられます。

移転作業は新学期につれて忙しくなるので4月に仕事が多いと思います。また、イベントスタッフではイベントが行われている数によるので忙しい時期は不定期です。

派遣が大変な理由

先程もお話ししましたが、派遣の仕事には力仕事が一定の割合を占めています。

そのため、体力がとても消費されます。毎日働くとなると体を休める暇もありませんね。

まだざっくりとしか説明していないので、いくつかに分けて説明していきます。

作業内容

会社の移転作業でしたらコピー機、机、ロッカーなど、重いものがとても多いです。中にはエレベーターが付いていない会社もあるので、その場合は重い荷物を階段で運ばなければなりません。

私も経験したことがありますが重い上に時間がかかるのでとてもつらかったことを覚えています。

そのため、初めて2.3回でやめてしまう人が多くいました。

人間関係

派遣の仕事には愛想が悪い人や、すぐに激怒するような人が多いです。

力を使う作業でもあるので、力や立場で優越を付けられがちですね。

そのため、「先輩からの指示が厳しい」、「無視される」、「聞いても教えてくれない」などのトラブルがよくありました。

なので、他のバイトに比べたら人間環境が悪いといわざるを得ません。

給料が安い

やはり、派遣の仕事は他の仕事よりも給料が低いようです。

派遣では遠くで作業を行うことも数多くあるので、交通費を多く使います。

交通費は支給されるのですが、500円までと条件が付いている所が多いです。そのため足りない分は自腹で払わなければなりません。

私も経験したのですが日給制8000円交通費500円込みという給与制度だったので時給制の最低賃金を下回るということが多々ありました。

これらの理由から派遣の仕事は大変だと思われているのではないでしょうか。

辛い仕事を解決するためには

派遣の仕事内容は辛いものだとわかってもらえたと思います。

ではその辛いと思う仕事をどう解決したらよいのかを解説していきます。

働く間隔をあける

私もそうだったのですが、連続で出勤した場合は体力的にも精神的にもストレスが積み重なってしまいます。

そのため、精神面もネガティブになってしまい、「仕事に行きたくない」と考えてしまうことがあります。

そうならないためにも、間隔をあけて体力、精神面とともにしっかりと回復をしてから働くようにしましょう。

役割を見つけて給料UP

派遣の仕事ではリーダーや副リーダーなどの役職があります。

その役職によって給料が上がるので、現在リーダーである人にしっかりとアピールをして評価してもらいましょう。

友人と派遣を始める

全く知らない人たちと作業するのは辛いと思います。派遣は自分の入りたい日に働くため、毎回作業する人が異なることが多いです。

そのため、一人でいることが辛いという人は友人と一緒に応募してみるのもいい方法だと思います。派遣会社は基本的に人手不足なところが多いので、友人と一緒に応募した場合2人とも受かるのではないでしょうか。

これらの対策をすることで今ある現状よりも良くなると思います。

まとめ

いかかでしたか?派遣の仕事では辛いことが多々あると思います。今辛い状況なら、そのままにせず解決していくことが重要です。何もしなければ自分を苦しめてしまいます。もし、自分と同じ状況の人がいた場合は積極的に声をかけてあげてください。その人もきっと困っているはずです。今辛いと思っていることを解決できることを心から祈っております。では頑張ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

pagetop