派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 派遣ライフを楽しむコツ > 一人暮らしの派遣生活を楽しむコツとは

一人暮らしの派遣生活を楽しむコツとは

🕒 2018/05/22
このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らしの派遣生活を楽しむコツとは

・派遣社員だけど手取り15万円しかない…

・しかも一人暮らしをしているため生活が苦しい!

こんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

近年では、派遣社員はおろか、正社員でも同じくらいの給料しか貰っていない人もいます。ですが正社員と派遣社員とでは大きく変わる部分が1つあります。

それはボーナスが出るか、出ないかということです。

今回はこの様な苦しい状況から脱却するためにはどのようにしたら良いかご紹介していきます。

今は非正規の仕事をしている人は選び放題?

今現在、派遣社員のような非正規の仕事はたくさんあります。

今はどの会社も人手が足りていないため、特に待遇の悪い、アルバイト、パート、派遣社員、契約社員には人が集まらないことが多くなっています。

会社でパートやアルバイトが集まらないために、派遣を雇うような雇用形態になっていることが多くなっています。ですが、パートやアルバイトが集まらないのであれば、派遣社員も集まらないのです。

近年では正社員になることがそこまで大変で無くなってきたため、わざわざ派遣社員としてはたらく人が少なくなりました。

そのため現在では非正規は選び放題になっています。

もっと待遇の良い派遣先に変える

先程説明したように、非正規の仕事は選び放題であるため、もっと時給の良い派遣先に変えることも1つの方法です。

さすがに月15万円の派遣先で一人暮らしの生活をするのには限界があります。

契約期間があるからといって後込みしている人も多いと思いますが、もっと強気に出てもいいと思います。

なぜなら、近年は派遣社員が集まらず、企業は困っているのに、辞めると言い始めたら、企業は最大限に希望を叶えてくれる可能性があるからです。

たとえ辞めることになっても、他に働く場所はたくさんあるため強気に出るべきです。

「今の給料じゃ一人暮らし出来ないため、もう退職するつもりです」と言うべきです!

残業が多い派遣先に変える

残業が多い派遣先に変えることも1つの手です。

なぜなら、残業がない場合、月15万円にも届かない場合があります。派遣社員は働いた分きちんとお給料がもらえるため、残業代がきちんと付きます。

その分かえって正社員よりも残業代が高くなってしまう場合があるため派遣社員には残業をさせない企業が増えています。

ですが人手不足の場合、残業してもらわないといけなくなるため、バリバリ残業させる傾向にあります。

そのため、派遣は雇用体系が不安定であるだけで残業代はきちんともらえるのです。

そのため残業の多いところに派遣先をかえて働くべきです。

派遣会社自体を変えよう!

もう一つの手は派遣会社自体を変えてしまうことです。

日本は派遣会社の数が世界でも多いため、派遣会社の代わりはいくらでもあります。

同じ派遣先でも派遣会社を変えるだけで給料が変わることは多々あります。その分派遣会社が儲かっている可能性があります。

この社会で生きて行くにはこのくらいの要領の良さが求められるため派遣会社を変えることも視野に入れましょう。

一人暮らしを充実させるためのポイント

一人暮らしを充実させるかの境目はとのようにしてお金をやりくりするかということです。

まず主な固定費なるのは、家賃、水道・光熱費その次に通信費です。例えば、東京23区においても約20㎡で6万円以上が目安になります。

一人暮らしの家賃の金額は手取り額の三分の一と言われています。なので、手取り20万円くらいなら家賃が6万円であることが妥当です。

水道光熱費は1万円程で、通信費は6千円ほどが平均になっています。

残ったお金で食費や洗剤、化粧品などの生活用品や交通費をまかなうことになります。

そのため、一人暮らしで注意するべきことは家賃と通勤時間と交通費のバランスです。

都内で仕事をする場合、家賃が高いため、都心から離れて一人暮らしする人が多いですが、通勤時間がかえってかかって疲れてしまったり、交通費が高くなってしまったりなどデメリットがあります。

また、鉄道沿線によっては料金が変わってくるため、十分に調べておく必要があります。

また休日などによく利用する場所が定期内であると、その分交通費を浮かせることができるので、どの沿線に住むかを一つの基準にすると良いでしょう。

やりくりの重要さ

先程説明したように一人暮らしする際は敷金、礼金などの初期費用がかかりますが、意外とやりくりできるのでは?と考えている方も多いのではないしょうか?

油断してはいけません。

たとえば、水道光熱費は季節によって大きく変わります。

夏はエアコンや扇風機を使用したり、冬はヒーターやホットカーペットなどの暖房器具を使用することが多いためです。

他にも友人の結婚祝いや出産祝いで思わぬ出費になるかもしれません。

安定して一人暮らしをするためには貯金が必要になってきます。

貯金するためには自炊をしたり、できるだけ安く購入することができるようにセールの時を狙うなど日々の努力が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

pagetop