派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > リクルートスタッフィングとパソナはどっちに登録すべき?派遣会社の求人や評判を徹底比較

リクルートスタッフィングとパソナはどっちに登録すべき?派遣会社の求人や評判を徹底比較

🕒 2019/07/05
このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社って、、、たくさんありますよね。派遣会社に登録したいけどどこの会社に登録すればよいのか分からないという方も多いと思います。そこで今回は大手派遣会社のリクルートスタッフィングとパソナについて比較を行っていきたいと思います。この記事を是非会社選びの参考として使ってみてください。

求人数と職種の幅を比較

このリクルートスタッフィングとパソナの二社を比較する上で、まずは求人数と職種の幅という観点で比較していきたいと思います。

求人数ではリクルートスタッフィングが約11000件でパソナが約12000件でした。求人数だけでみるとパソナの方が若干多いですが、ほとんど二社とも変わらないという結果になりました。そのため、どちらの会社の方が多く仕事があるということはなさそうです。

しかし、リクルートスタッフィングの派遣登録者数は約100万人なのに対して、パソナの派遣登録者数は約60万人とかなりの差があります。この見方をすると、パソナの方が空きのある仕事が多いのではないかと言えます。

次は職種の幅という観点で比較していきたいと思います。まずパソナではオフィスワーク、営業、販売、通訳、翻訳、医療、保育、介護、WEB制作、デザイン、IT、エンジニア、CAD、設計、製図、製造、作業などの職種を取り扱っています。

次にリクルートスタッフィングではオフィスワーク、メディカル、研究開発、金融、アパレル販売、販売、販促、ITエンジニア、営業、コスメ販売の職種を募集していました。

募集職種には多少の差はあるものの、両者ともに大きな違いはみれなかったように思えます。

ここまで求人数と募集職種という観点で両社を比較していきましたが、あまり大きな違いはありませんでした。

登録しやすさを比較

続いては、派遣登録をする際の登録のしやすさという点で比較していきます。

まずパソナでは主に来社登録という制度をとっています。パソナのホームページからプロフィールを作成し、マイページから登録会を予約します。来社予定日になったら実際に来社していただき、システムの説明やスキルチェック、そして個別面談をして終了という流れになります。

次にリクルートスタッフィングではこちらも主に来社登録という制度をとっています。ホームページから登録会を予約します。登録会の日になりましたら実際に来社していただき、そこで派遣についての説明を受け、スキルなどの登録をし、適性検査とスキルチェックをします。そののちに面談をして終了という流れになります。

両社とも来社して登録するという同じ形をとっているので、登録のしやすさはあまり変わらないかと思います。また、了解しました。リクルートスタッフィングとパソナでは来社登録以外にもwebやオンライン登録も可能な点も一緒です。

他にもリクルートスタッフィングでは土曜登録会と夜間登録会、そして無料託児サービス登録会という特殊な登録方法も採用しています。また、パソナでもweb登録と来社登録の他に、夜間登録や土日登録という形を採用しています。

ここまでをみると、リクルートスタッフィングとパソナでは基本的に来社登録という同じ方法を採用しており、登録方法の比較という観点ではまたもや大きな違いはなかったように思えます。

口コミや評判を比較

ここまで求人数や登録の仕方など表向きの情報でリクルートスタッフィングとパソナを比較していきましたが、今回は口コミと評判という実際に働いてみてどうだったかという観点で比較していきたいと思います。

大手派遣求人サイトから人権派遣会社の口コミランキングに掲載されていた順位をみていきたいと思います。

まずリクルートスタッフィングは、はたらこねっとで一位、リクナビ派遣で三位、オリコンランキングで六位という平均順位三位でした。パソナでは、はたらこねっとで四位、リクナビ派遣で四位、オリコンランキングで三位という平均順位四位でした。

この比較によると若干リクルートスタッフィングのほうが口コミが良いという結果になりました。

しかし、いろんな口コミサイトを見ていくと、リクルートスタッフィングとパソナの両社で良い意見と悪い意見があったので、今回もあまり大きな違いは見れなかったように思います。

複数登録して比較がベスト

今回は色々な観点からリクルートスタッフィングとパソナの二社を比較していきましたが、結局両社であまり大きな違いはありませんでした。

そのため他の観点からお勧めするのであれば、都内の大手や有名企業の案件が多く首都圏エリアに在住の方にはリクルートスタッフィングのほうがおすすめです。しかし、リクルートスタッフィングでは関東や関西圏での案件が集中しているのでそれ以外の地域の方にはあまりお勧めできません。そのような方はパソナに登録してみた方が良いと思います。福利厚生の面でみると、パソナの方が若干幅広いジャンルの施設やサービスが整っており、他にも女性に優しい企業風土が見られました。

その他、スキルアップや研修の充実度ではリクルートスタッフィングのほうが少し充実していると感じました。

このように両社の比較は基本的にあまり違わないという結果になりましたが、比較する観点を変えてみると、若干ですが両社ともに違いが見えてくるので、リクルートスタッフィングとパソナの両方に登録をしておくのがおすすめです。そうすればどちらの案件も引き受けることができるので良いのではないでしょうか。また、リクルートスタッフィングとパソナだけでなく、もう何社かの派遣会社に登録しておくと良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

pagetop