派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 主婦 > 主婦におすすめ!時短勤務と派遣という働き方についてご紹介

主婦におすすめ!時短勤務と派遣という働き方についてご紹介

🕒 2019/07/02
このエントリーをはてなブックマークに追加
主婦におすすめ!時短勤務と派遣という働き方についてご紹介

女性活躍や働き方改革が叫ばれる昨今、日本人の働き方は多様化しています。そんななか耳にすることの多くなった「時短勤務」を中心に、主婦にオススメの家庭と両立可能な働き方をご紹介します。

時短勤務とは

「時短勤務」というのは、「改正育児・介護休業法」という法律に定められている、「短時間勤務制度」の略称です。国によって、家庭との両立がしやすい職場環境づくりのために作られた、従業員が育児や家族の介護をしている期間中に利用することのできる制度です。法定制度であるため、それぞれの就業規則等には関わりなく、すべての事業者に対して「短時間勤務制度」と「所定外時間外労働の免除」が義務付けられています。

ここからは、この時短勤務制度を利用するための条件をご紹介します。ご自分が時短勤務制度の適用を申請できる対象かどうか確認してみましょう。

勤務形態

時短勤務制度を利用した場合の勤務時間は、原則【1日6時間】です。1年以上同じ事業者に雇用されている人、週3日以上の所定労働日がある人、1日の所定労働時間が6時間以上である人に適用されます。派遣社員の場合でも、1年間派遣会社が変わっていなければ派遣先企業が変わっていても適用対象となります。配偶者が専業主婦や専業主夫であっても利用することができます。

育児・介護の条件

育児のための時短勤務の条件は、【3歳に満たない子を育てていること】です。子どもが3歳になるまでの間、従業員が申請した期間時短勤務制度を利用できます。

介護のための時短勤務の条件は、【要介護の(2週間以上にわたる常時介護を必要とする)家族の介護】です。介護をする従業員のための制度として、フレックスタイムや介護サービス費用助成等の諸制度があり、時短勤務はその諸制度のうちのひとつです。

メリット

では、時短勤務を利用することでどのようなメリットが得られるのでしょう。

キャリアと家庭の両立

育児や介護を理由に仕事を離れることは、それまでの仕事の感覚を失ってしまうようで惜しいことに思われます。また、育児や介護を終えた後の復帰を考えると、職歴に空白期間ができることも不安の種になってしまいます。空白期間は再就職の際も不利に働いてしまいます。

時短勤務制度を利用することで、今の生活に合わせたタイムスケジュールで、仕事の感覚やスキルを維持しながら育児・介護に取り組むことができます。

安定した収入

時短勤務では、短縮した時間分の給与は支払われないことがほとんどです。フルタイム勤務に比べると収入は減少します。

子どもの長期的な教育費用や介護サービス利用費など、育児・介護は何かとお金がかかるものです。時短勤務であっても、家計を支えるため一定の収入を安定して得られることはメリットになるでしょう。家事を担う主婦であれば、日頃の家事に充てる時間も確保できるかもしれません。夫の収入をベースに自分の時短勤務の収入を育児・介護費用に回すなどの工夫もできるかもしれません。「収入は減っても、その分気持ちや時間に余裕ができた」と割り切って捉えられます。

取得事例

実際に時短勤務制度を利用してきた主婦の方たちからは、「退社時間が決まっているため、帰宅後の段取りをルーティン化させることができた」「短時間でより集中して取り組める」といった声が上がっています。また、「仕事が終わらないまま退社することもあるが、すべてを完璧にするのは無理と割り切る」と、時短勤務の悩みの打開策も。

時短勤務期間中は仕事量に制限が生まれ、同僚の協力やフォローがそれまで以上に必要になります。時短勤務中の働き方についてのイメージを周囲と共有しておくことでより円滑に働くことができるのではないでしょうか。

派遣で働く主婦の場合、産前から産後まで継続して雇用契約が結ばれている場合でも、復帰後に必ずしも同じ職場に派遣されるとは限りません。産休や育休の取得前、早いうちから派遣会社と今後のプランについて相談しておくことが必要です。

その際、派遣会社や上司に伝えることや話し合うことを挙げます。前もって考えておきましょう。

【育休からの復帰時期】【時短勤務中の勤務時間】【時短勤務の期間】【フルタイム復帰後の仕事内容】【フルタイム復帰後の目標】

主婦におすすめの働き方

結婚や出産をきっかけとしてそれまで勤めていた職場を辞めた、という主婦の方がまた仕事を始めようと思ったときに検討してほしい、おすすめの働き方が「派遣」という働き方です。派遣では、勤務地や勤務時間などの希望を派遣会社に伝えた上で仕事を選ぶことができるため、より自由度の高い働き方をすることができます。

また、派遣の仕事には主婦の就労を前提とした求人も多くあるため、家事や育児と仕事の両立に理解のある職場も少なくありません。派遣であれば、時短勤務以外にも家事や育児・介護と両立するためのさまざまな条件を指定して仕事を探すこともできます。ぜひ、「残業なし」「週3日以内勤務」「1日7時間以内勤務」など、ご自分の生活スタイルに合わせた項目に注目してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

埼玉県で派遣をはじめてみたい方へ!おすすめの派遣会社をご紹介
埼玉県での人気でおすすめの派遣会社をランキング形式で紹介します。さらに、大手6社の求人数を徹底調査…
アパレルの派遣社員になるならこの派遣会社!
アパレルで働くなら派遣会社を利用し、派遣社員として就業することが一番とされている。しかし、アパレル…
【派遣期間は最長3年!?】3年経ったらどうなる?
現在、派遣業務には雇用期限というものがあります。その年数は3年とされています。これは、労働者派遣法…
主婦の方が派遣で働く時に気になるポイント集
多くの場合一度退職することが多い主婦ですが、その後の再就労の手段として派遣社員を選ぶ方が多いのも事…
pagetop