派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 派遣ライフを楽しむコツ > 第二新卒が派遣で働くメリットとは?

第二新卒が派遣で働くメリットとは?

🕒 2019/05/14
このエントリーをはてなブックマークに追加

入社した企業が自分と合わなくて短い期間で辞めてしまう第二新卒。

再び正社員として就職するまでのつなぎとして派遣社員として働くことを考える人もいるでしょう。

実際に人材派遣会社は、即戦力になる人材を必ず求めているわけではないのです。

ここでは、第二新卒の派遣について、メリットやデメリットを含めて解説していきます。

第二新卒が好まれる理由

派遣先が第二新卒を求めている

第二新卒は一度就職をしてその仕事を離れていますが、その分若くて伸び白も多いことになります。

派遣先の企業は、新卒の採用で取りこぼした人材を補うためにも、あえて社会経験の浅い人を取り、「自社で育てたい」と考える傾向にあります。

言われたことを文句を言わずにコツコツ取り組む若者の特徴を活かしてもらえます。

若年者就職支援制度を通して紹介予定派遣に渡す

近年派遣会社はハローワークと連携して、若年者向けに合同説明会や企業説明会などを積極的におこなっています。

これを、若年者支援制度といいます。

一定の期間、第二新卒に対し社会人に必要なマナーを教育し、紹介予定派遣に引き渡すサービスです。

希望する企業とうまく条件が合えば、短期間で大手企業への転職もあり得るのです。

あわよくば自社の派遣営業にスカウト

いい人材と判断されれば、自社の営業かコーディネーターにスカウトすることもあります。

第二新卒で実際に声をかけてもらい、営業主任になったという人もいます。

派遣会社は、大々的に社員の募集をおこなっていないので、自分から売り込んで営業マンを目指す手段もあります。

紹介されやすい業種

ここからは、社会経験の豊富な一般の登録者と比べて、第二新卒に有利な業種を紹介します。

受付事務

お客様の対応からご案内、またパソコンでのデスクワークや庶務をしたり、受付と一般事務が合わさった仕事内容になっています。

専門的なスキルや資格も必要ありませんし、普通の立ち振る舞いができれば就業が可能です。

ルート営業

一般営業と異なり、もともと取引がある顧客に対して、より細かいフォローやセールスをおこないます。

ルート営業の「ルート」とは、決まった顧客の間を回ることを表しています。

既存の顧客の現状やニーズをしっかりとヒヤリングし、それを踏まえて商品の提案をしていきます。

ノルマもそんなに必要とされていないので、初めてや経験の少ない人でも挑戦しやすい業種の一つです。

接客販売

店頭で商品の販売をおこないます。

商品について聞かれた際に対応したり、商品のディスプレイや在庫管理などの作業も併せておこないます。

どの職種も特別スキルを必要としていないので、未経験者でも十分に対応できます。

メリットやデメリット

ここからは、派遣を選ぶことにどのようなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握していきましょう。

メリット

・正社員に繋がる可能性がある

最初は派遣社員としての入社だったとしても、勤務期間に本人の意欲や適性、スキルが企業から認められれば、正社員として採用してもらえる可能性があります。

年齢がある程度まで上がってしまうと、正社員へ登用が厳しくなるので、若いうちにスキルアップしていく必要があります。

・正社員より時間の融通が利く

長期の以外にも、短期や単発の仕事があるため、自分のペースに合わせて働くことができます。

働ける曜日などをあらかじめ会社に伝えておくことで、その条件に合った仕事を紹介してもらえます。

また、派遣会社が時給を払うシステムになっているので、基本残業はありません。

そのため、プライベートの時間も充実させやすいでしょう。

・大手企業に入社できるチャンス

大手企業で働くことを希望する場合、いきなり最初に正社員を目指すより、派遣社員の経験を通したほうが入社しやすいかもしれません。

必ず正社員になれるわけではないですが、経験を積むことができます。

・企業とのミスマッチが防げる

仕事を辞めてしまう原因の一つでで、自分の理想と仕事のイメージが違った、ということが多いです。

派遣の仕事であれば、正社員になる前に自分がその仕事に本当に合うのかどうか判断することができます。

やりたいことがまだ決まっていない場合は、その業種を試してみる意味でもおすすめの働き方です。

デメリット

・正社員になれない可能性がある

必ず正社員になれるというわけではないので、契約期間が終了した後、次の仕事を探す必要がある場合もあります。

・仕事内容が限定されやすい

正社員登用を前提としている企業の場合、正社員と同じ仕事内容を任せてもらえることもあります。

しかし、派遣社員の場合、基本的には責任を伴う仕事はあまり任されません。

・昇給や賞与がない

基本的には昇給や賞与がなく、会社によって正社員との待遇が異なる場合があります。

交通費の支給がないこともあるので確認しましょう。

まとめ

ここまで、第二新卒の派遣について、メリットやデメリットも含めて紹介してきましたが、いかがでしたか。

派遣だからといって、甘い考えを持つことはお勧めしません。

デメリットをちゃんと理解した上で、仕事に真面目に取り組み、自身のスキルアップに繋げましょう。

この記事で解説した内容をぜひ役に立ててください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

派遣登録で経歴をごまかしたらどうなる?その影響を徹底解説!
派遣登録でよりよい会社に派遣されるために経歴詐称をしてもばれない?派遣登録の際に経歴をごまかしたら…
京都府で派遣をはじめてみたい方へ!おすすめの派遣会社をご紹介
観光地として名高い古き良き都市・京都におけるおすすめの派遣会社を一挙紹介。京都で派遣をはじめたい方…
派遣の仕事を辞める時に使える理由5選
どんな理由を言えば派遣をスムーズに辞められる!?使える理由と注意点についてお話します。
派遣社員はどうやって有給休暇を取るの?
派遣社員は有休がとれないと誤解されている方は多いようですが、実は派遣社員でも有休をとる権利がありま…
pagetop