派遣サイト・派遣エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 派遣ライフを楽しむコツ > 40代が派遣として働くきびしさを知る

40代が派遣として働くきびしさを知る

🕒 2019/05/09
このエントリーをはてなブックマークに追加
40代が派遣として働くきびしさを知る

現在、派遣法によって、派遣社員の年令による制限を禁止しております。

しかしながら、40代以上の人が実際に応募してみると採用されることが少ないといった現実があります。

なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか

40代が働くことがきびしい理由

40代が派遣会社で働くという現実

30代の頃は昔の職歴が評価され、仕事の話がよく来ていた人でも、40代になると急に仕事の話が止まるといった状況に陥ることが頻繁にあります。

自分のスキルを過大評価しすぎて油断をしていたら痛い目を見るかもしれません…

実際に派遣会社、40代の社員、派遣先の会社のホンネはいかがなものなのでしょうか

実際に働く40代の社員の考え

40代にもなると正社員採用はきびしいと考え派遣社員になろうという浅はかな考えを持っている人は多くいます。

しかし40代で社員になるのはとても厳きびしいものになっています。

そして、もし社員として働く事ができたとしても、他の社員との年齢のギャップや、新しいシステムへの対応など採用された後にもきびしさというものはまとわりついてくるのです。

それほど年齢のかべというものはなかなか越えにくいと言えます。

派遣会社の考え

派遣会社は営業先に自分が紹介する人材を採用してもらえるようより良い人材を紹介します。理由として会社は営業先に人材を雇ってもらうことにより収益を得て居るため他の会社よりもより雇われやすい人材を紹介しなければなりません。

そのより良い人材といわれるのはより若くて活気のある人材なのです。

このような側面からも40代の派遣社員として雇われることのきびしさをしることができるでしょう。

派遣先会社の考え

派遣社員の年齢が高ければ高いほど正社員よりも年齢が高くお互いにどのような距離感で接すればよいのかわからなくなることもありきまずい状況に陥る可能性があります。

このような側面からもきびしさが伺えます。

このようにきびしいといわれるいくつかの理由を述べましたが、これほど多くの理由があれば、きびしいといわれている理由が理解出来るでしょう。

40代でも紹介されやすくなる方法

40代で派遣社員になるということはきびしいとはいっても本人の努力ややり方次第で採用される可能性を上げることは可能であります。

それでは実際にどのような方法があるのかを見ていきましょう。

希望の条件を緩める

仕事を探すときに給料、職種、通勤時間など様々な条件を設定することができます。この条件を若い時と同じような設定にしていたらうまくいかない可能性が増えてしまいます。

ですので、条件に関しては会社に相談してみて、どの条件を緩めれば紹介を受ける企業が増えるのかなど、より良い選択をしましょう。

このことは会社からすれば柔軟で融通がきく優秀な人材であると認識される可能性もあり、よりよい方向に働くことになるでしょう。

専門的なスキルを得る

何かしらの資格を持っていた上で実際にある程度の期間はたらいっていたという経験は派遣先からの信頼を得ます。

ですので、現在何かしらの資格を持っている人は積極的に資格を活かせるような経験をすることを強くおすすめします。

派遣会社と良好な関係を築く

こんなもの意味がないと思われがちですが、実は非常に効果的な方法です。営業先の会社と長い付き合いのある営業マンは営業先からの信頼が大きい場合が多いため、採用に前向きになります。

なので、その営業マンに対して、やる気や思いをアピールすることによって、営業先に紹介してもらえることになるかもしれません。

これらの他にも比較的人気の低い職種や勤務地を選択したりなど対策は多く存在するのです。

確かに40代の派遣社員の採用はきびしいことではありますが可能性の芽を潰さずに少しでも可能性を広げるために必要なことは何かと考え、採用に向けて歩んでほしいと思っております。

40代からでも積極的に採用している派遣会社はココ

派遣会社はどこも同じなんてことはなく、規模の大きさをだけでなく、派遣会社によって紹介してくれる会社は大きく変わってくるのでどの派遣先が自分に合っているのかをしっかりと見極めより良い仕事選択をしていきましょう。

そして、たとえうまくいかない時期があっても諦めずにより良い派遣会社を探し、見つけ出せるような行動をしていきましょう。

おすすめの派遣会社はこちら

まとめ

いかがでしたか?

現代における40代から社員として働くことの様々な側面からのきびしさを紹介してきましたが努力ややり方次第では採用をもらうことができ、やりがいのある仕事をすることができるかもしれません。

ここにのべたような状況であっても派遣社員になりたいと思う人はここに述べた対策をうまく活用するなどして、採用に一歩でも近づけるような努力をしてください。

少しでも多くの働きたいと思う人たちが働くことが出来るようになることを願っています

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

登録制バイトとは?派遣の疑問を解決
「1日だけ働きたい」「自分の好きな時に働きたい」そんな思いを持っている方は登録制バイトがおすすめで…
アパレルの派遣社員になるならこの派遣会社!
アパレルで働くなら派遣会社を利用し、派遣社員として就業することが一番とされている。しかし、アパレル…
40代が派遣として働くきびしさを知る

40代から派遣として働くということはなかなかきびしいものであり、その現実を受けいれた上で、そのこ…

派遣の面接で落ちる人の典型パターンと受かる人の面接の臨み方とは?
派遣先の面接に落ちる人には共通することがあります。裏を返せば、受かるにはテクニックが必要だというこ…
pagetop